一番のオファー

風水鑑定では、その土地の神佛、神獣、亡くなった人に呼ばれることがありまして、そこで彼らの手助けをした対価として天変地異が起きる場所や対策などを伝えてもらうことや道教の法術(顕齋、幽齋の両方)で地鎮、鎮魂、浄化を執り行い大難を小難にすることに成功している。

本来、2015年に西日本は國生みで未曾有の前代未聞の天変地異が起こり壊滅する予定であった。これに関しては日本のお筆先の信女伝手に高級神靈である國常立尊、須佐之男命、眞武大帝(北極玄天上帝)、玄靈高上帝(十八代玉皇大帝 關聖玉皇閣下)から私、鮑義忠宛に直々に託宣が降りてきて現在も神仙界と交渉及び、掛け合い中である。

そして何故私に直々に託宣が降りる理由はある現人神さまから私の二つの前世を教えてもらい一つは京都、奈良の都などの都つくりに関わり興福寺を建立した前世と、もうひとつは三國志時代に關羽将軍のお供だった前世が大きく影響しているらしい。これらはあくまで私の実体験と主観に基づくものです。


風水鑑定 鮑義忠と神仙界