神佛習合

                  securedownload
【關聖玉皇(かんせいぎょっこう)】
別名 玄靈高上帝、十八代玉帝、南天文衡聖帝、三界伏魔大帝、伽藍菩薩、武聖帝君、協天大帝、紅面獄主などと
呼ばれており”關聖玉皇”とは三國志の英傑、關羽将軍の神格化である。
義侠心に富み、その忠義を讃えられた關羽将軍は死後、玉泉山で彷徨っていたところ僧侶に諭されて
ようやく成仏し玉泉山に祀られた。
現在は道教の最高神の代行である十八代玉皇大帝の位に就かれて
神仙界最高峰の紫微垣の裏の火の正氣を象徴し三十六天、七十二地、三千世界、仙界、神界佛界、日月星辰、億萬生靈、天地万物を統御する宇宙最高神であり諸神を統率し五常八徳、文武雙全(文武両道の意)をつかさどる。
『鸞門』(道教の流派のひとつ一貫道)では「玄靈高上帝」の神號に封ぜられて1863年頃
「南天文衡聖帝」(南方を統御し火、朱雀、九などを象徴する)の職に就かれていた際に
神仙界の総選挙で三教聖人の推薦により十八代玉皇大帝(關聖玉皇 玉皇大天尊玄靈高上帝)の位に昇格される。
『鸞門』(道教の流派のひとつ一貫道)では「玄靈高上帝」の神號が贈られて  
『儒門』では「五文昌」(關聖帝君、文昌帝君、孚佑帝君、魁斗星君、朱衣星君)に数えられて
『佛教』では「伽藍菩薩」と呼ばれ如来、菩薩を護法する武神に封ぜられて
『密教』では「馬頭観音」の眷属の「紅面獄主」又は「紅司命主」に封ぜられて
『道教』では「蕩魔真君」「伏魔大帝」などの除災、伏魔の武神に封ぜられており
歴代の中國の皇帝からも尊號が贈られていて
アジア全域で「正義、信頼、商売繁盛」の象徴として警察署、銀行、ホテル、商店などに多く祀られている。
 玉皇大帝としての聖誕祭は旧暦の1月9日の
”ものごとの始まりと終わり”を意味する1と9が合する日であり
 關聖帝君としての聖誕祭は旧暦の6月24日である。
【神號】十八代玉帝、關聖玉皇、玄靈高上帝、昭明大帝蓋天古佛無上解冤結菩薩、大聖伏魔蕩寇救苦救難大天尊
【英語名】The Jade Emperor
【住処】紫微垣の裏の火の宮殿、昊天金阙太微玉清宫通明殿、丹天伏魔宮、弥羅天、太極氣天(「三界」二十八天
無色界四天、色界十八天、欲界六天)
【武器・法具・経典】青龍偃月刀、五星寶剣、笏、黒色寶珠、春秋左氏伝、聖帝大解冤經、玉皇大天尊玄靈高上帝大解冤經
玉皇普度聖經、關聖帝君應験桃園明聖經、朱子刪定玉泉眞本桃園明聖經
【乗り物】赤兎馬、五爪金龍、火之鳳  
【従者・眷属】
黃金金闕白玉玉京玄穹高上帝玉皇宥罪大天尊
大成至聖文宣素王興儒治世天尊
西方佛祖廣度十方慈悲濟世天尊
太上道君道法彌深三清應化天尊
北方鎮天真武祖師降魔伏怪天尊
玉清內相金闕選仙興行妙道天尊
九天開化七曲文昌更生永命天尊
南海岸上尋聲救苦慈航普度天尊
西川福王惠民大帝護國佑民天尊
雷闕至尊忠勇桓侯保民救劫天尊
九天馬天君廣濟真人大道天尊
南宮柳星君妙道真人太乙天尊
南天廖天君博施真人道德天尊
豁落靈官王天君應化天尊
周将軍剛正忠勇天尊
關聖太子九天威靈顕化天尊
九天東廚司命真君灶王感化天尊
南宮孚佑帝君興行妙道天尊
北極康大元帥赫天尊
北極趙大元帥萬靈天尊
【ご利益・属性】
全知全能、萬天、雷、火、伏魔、招財、護法、粛清、調伏、怨敵退散、一死必殺
【真言】 
拜請本壇關聖帝。堪稱五虎第一尊。身騎赤兔駒龍馬。威風手執青龍刀。 桃園結義揚千古。誅戮魏吳顯全功。起居剿滅黃巾賊。秉燭怛禮禮可欽。 顏良文醜統兵圍。筵酒未冷可酬曹。千里尋兄忠義氣。五關斬將誰敢當。 古城集會表忠義。雷鼓之中斬蔡陽。單刀赴會真豪傑。水淹七軍沙慶梁。 三國之中龍虎將。敕封為漢壽亭侯。弟子爐前清香三拜請。關聖帝君速降臨。 神兵神將火急如律令。
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)1月9日
 《歴代玉皇大帝神號表》
初代玉皇大帝 – 玄玄高上帝黄老君 任期十甲子、紀元前3734-3134(混沌期)
二代玉皇大帝 – 玄元高上帝紫微帝君 任期七甲子、紀元前3133-2713(混沌期)
三代玉皇大帝 – 玄明高上帝大寰教化聖主 任期五甲子、紀元前2712-2412(帝嚳)
四代玉皇大帝 – 玄微高上帝鴻鈞老祖 任期四甲子、紀元前2411-2171(夏朝太康)
五代玉皇大帝 – 玄寰高上帝星化帝君 任期七甲子、紀元前2170-1750(夏ー商)
六代玉皇大帝 – 玄中高上帝炁原天尊 任期三甲子、紀元前1749-1569(商太戊)
七代玉皇大帝 – 玄理高上帝先華聖主 任期三甲子、紀元前1568-1388(殷商盤庚)
八代玉皇大帝 – 玄天高上帝大羅祖師 任期二甲子、紀元前1387-1267(殷武丁)
九代玉皇大帝 – 玄運高上帝精一天師 任期二甲子、紀元前1266-1146(殷商紂)
十代玉皇大帝 – 玄化高上帝延衍祖師 任期六甲子、紀元前1145-785(周宜王)
十一代玉皇大帝 – 玄陰高上帝廣度眞王 任期三甲子、紀元前784-604(周定王)
十二代玉皇大帝 – 玄陽高上帝廣度眞王 任期七甲子、紀元前603-183(漢)
十三代玉皇大帝 – 玄正高上帝廣化天尊 任期八甲子、紀元前182年-298年(晉恵帝)
十四代玉皇大帝 – 玄炁高上帝伏魔世祖 任期八甲子、299-779年(唐代宗)
十五代玉皇大帝 – 玄震高上帝興儒天尊 任期四甲子、780-1020年(宋眞宗)
十六代玉皇大帝 – 玄蒼高上帝救世天王 任期九甲子、1021-1561年(明世宗)
十七代玉皇大帝 – 玄穹高上帝妙楽國王 任期五甲子、1562-1862年(清同治)
十八代玉皇大帝 – 玄靈高上帝關聖帝君 任期中 1863年-現在まで連任中
 

              SRI_SARASVATI_by_VISHNU108
【弁才天(べんざいてん)】 
もともとは古代インド神話の三大女神の一つ
梵天の妃にあたる存在のサラスヴァティーで
本来は土地豊穣をもたらす河神であるが
さらに弁才(智恵)の女神ヴァーチと
結合して同一視され学問、音楽の神とされた。
日本では宗像三女神の市杵島姫命と同一とされる。
日本では七福神の一つとして広く信仰されている。
実は、この神佛さまこそ故鮑黎明の病気平癒を願った際に
はじめに私の前に現れた神さまでもある。
ご本人曰く「本来は水の属性だが風に変える事もある」という。
【神號】大弁財天、大弁功徳天、辯才天女、妙音佛母、薩羅斯瓦帯
【英語名・梵名】 Sarasvatī・सरस्वती)
【住処】
【武器・法具・経典】
宝剣、弓、箭、宝輪、宝棒、矛、斧、金剛索、三叉戟、維那琴
長杵、金光明最勝王經
【乗り物】 白鳥、孔雀、蓮華
【従者・眷属】 十六童子、太歳星君
印錀童子(心の鍵を解く童子)、官帯童子(法を遵守する神)、 筆硯童子(学問成就の神)
金財童子(商売の神)、稲籾童子(五穀豊穣の神)、計升童子(経理の神)、飯櫃童子(食物の神)、衣裳童子(衣服の神)、蚕養童子(蚕の神)、酒泉童子(酒の神)、愛敬童子(愛情・恋愛の神)、生命童子(生命・長寿の神)、従者童子(経営の神)、牛馬童子(動物愛護の神)、船車童子(交通安全の神)、大黒点善財童子(すべての童子を従える神)
【ご利益・属性】水、風、豊穣、音楽、芸能、学問、、福徳、語学、歌
【真言】オン ソラソバテイエイ ソワカ (弁才天呪)
オン ウガヤ ジャヤ ギャラベイ ソワカ (宇賀神呪)
【聖誕日・縁日】干支で「巳」の日と「己巳」の日

                  中天中壇元帥
【中壇元帥(ちゅうだんげんすい)】
別名、哪吒太子、九龍太子、三太子
封神演義、西遊記でもおなじみの玉皇大帝の御前で天軍の神兵神将を率いる総大将。
火尖槍、乾坤圏、金砖、混天綾、火棗、陰陽剣、九龍神火罩、豹皮囊などの寶貝と呼ばれる 法具を駆使し風火二輪を踏んで空中を自在に飛び回る三面六臂の童神で
7歳のとき東海龍王の巡海夜叉と竜王の三太子を殺してしまい、父の怒りをうけ自決したが 冥府をさまよう哪吒の靈魂に対し、太乙真人が蓮の花に金丹を入れ肉体とし 1丈6尺の少女のような容姿の体で再生した。 その後、父とは燃灯道人がとりなし和解。
この神のルーツはインドの地神・財神クベーラ(毘沙門天)の子のナラクベーラとされ 吒塔天王李靖(毘沙門天)の三男として登場している。
哪吒太子は常に玉皇大帝の側で遣いをしており、中国、台湾では強力な降魔辟邪の童子神 として絶大な人気である。
【神號】中天中壇元帥、威靈顕赫大将军、三台海會大神
【英語名・梵名】 Ne Zha
【住処】陳塘關
【武器・法具・経典】乾坤圈、混天绫、風火輪、金砖、火棗、陰陽剣、九龍神火罩
斬妖剣、砍妖刀、缚妖索、降妖杵、绣球儿
【乗り物】九龍、風火輪
【従者・眷属】二郎神楊戩、神将神兵
【ご利益・属性】降魔、避邪
【真言】拜請哪吒三太子 太子七歲展神通
哪吒太子哪吒能 哪吒太子百萬兵
百萬兵馬排兵走 走馬排兵到壇前
手持金環申隱隱 腳踏毫光五彩雲
原是師父傳法界 化作蓮花水中生
水進之時挺水性 水退之時近水行
一日狂風便吹起 直到金瀾玉殿前
釋迦臨水無龍子 便是童哪勒骨生
一為上帝天皇力 二為殺鬼玉皇兵
三為三佛諸滿地 總押水消大神王
若有不準吾放出 押去眾鬼水茫茫
爾吾騰雲吾放出 不吾騰雲吾不休
天王殿前親手勒 師父出相渡凡人
弟子一心專拜請 哪吒太子降臨來
神 兵 火 急 如 律 令 
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)9月9日

                    demDQsc

【玄天上帝(げんてんじょうてい)】
別名真武大帝、鎮天真武靈位佑聖帝君、玉虚師相北極玄天上帝とも呼ばれており
元始天尊、太極の化身といわれており
中国道教の四大聖山の武當山、斎雲山で祀られており、四大聖山の二つ龍虎山、青城山には
後漢の時代に正一教という道教教団の創始者である張天師(張道陵)が祀られている。
張天師を南天師とも呼び北極玄天上帝とは北と南で対で祀られることもある。
七星剣を持ち、亀と蛇を踏みつけ日本における北極星信仰(妙見信仰)のルーツともいわ
われている。
【神號】真武大帝、鎮天真武靈位佑聖帝君、玉虚師相北極玄天上帝
【英語名・梵名】 Xuan Tian Shang Di
【住処】北極真武宮、金闕都堂院、大羅境上无欲天宫、武当山、斎雲山
【武器・法具・経典】七星剣 、玄天上帝金科玉律眞經
【乗り物】玄武
【従者・眷属】北極康大元帥赫天尊、北極趙大元帥萬靈天尊、三十六天将(罡)、七十二地兵(煞)、六丁六甲
【ご利益・属性】
【真言】拜請北方水烈帝 化身真武大將軍
帝在遙池黑雲中 為猛神通為第一
腳踏騰蛇八卦龜 守護北方為上帝
管天兵 步黑雲
為吾上界都通劍 把守天宮順槓門
身長萬長討靶善 萬靶沉將眾來迎
上通有等下霧等 上級風輪急火輪
天空太義隨吾著 甲給二將隨吾行
弟子一心專拜請 玄天上帝降臨來
神 兵 火 急 如 律 令 
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)3月3日

                 天上聖母

【天上聖母(てんじょうせいぼ)】
別名媽祖、天后とも呼ばれ、航海や海などを守護する女神である。
宋朝初期建隆元年(西暦960年)3月23日に、福建省の官吏、林愿の七女として一人の女児
が生まれ生後1ヶ月経っても泣き声をあげないため、「黙」の1字を入れて林黙娘(りんもう
にゃん)と名付けられた。幼少の頃から信仰心も篤く、16歳の頃に神通力を得て
得て村人の病気を治すなどの奇跡を起こし崇められるようになった。
しかしあるとき、父親が海難事故に遭って行方不明になってこれを嘆き悲しんだ黙娘は旅立ち
やがて峨眉山の山頂で神仙に導かれて神佛になったといわれている。
【神號】南無大悲慈仁天上聖母天尊
【英語名・梵名】 
【住処】
【武器・法具・経典】笏
【乗り物】
【従者・眷属】千里眼、順風耳
【ご利益・属性】航海安全、治病消退、慈愛
【真言】謹請天上聖母。神通合選高嶽。爭靈降生於白卒。仙宮正位泉源。水府虛風吸雨統江懷。河海元宗,佑國庇民。濟西北東南之險。普渡正果。湄洲昇輝。大悲大願。大聖大慈。敕封護國鎮守、庇民顯威靈。普濟天后,太極元君。巡海婆祖,救苦天尊。弟子爐前一心三拜請。拜請天上聖母降來臨。神兵神將火急如律令。
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)3月23日

観世音菩薩

【観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)】 
もともとはサンクリット語で
アヴァローキテーシュヴァラ・ボーディサットヴァといい
佛教における菩薩の一尊である。
あらゆる姿に変化しさまざまな悩みから人々を救済することから
特にアジア全域で広く信仰を集めている。
【神號】観世音、観自在 、聖観音、十一面観音、千手観音、不空羂索観音、馬頭観音、如意輪観音、准胝観音、三十三観音、三十三応現身、
如意輪観音、准胝観音
【英語名・梵名】 Avalokiteśvara Bodhisattva
【住処】捕陀落山
【武器・法具・経典】水瓶、蓮華、数珠、化仏、日照摩尼、金剛杵、月精摩尼、宝剣、宝弓
【乗り物】
【従者・眷属】二十八部衆(阿修羅王、乾闥婆王、迦楼羅王、緊那羅王
摩侯羅王、金大王(宝賢夜叉)、満仙王(満賢夜叉)、金毘羅王、満善車王、金色孔雀王、大弁功徳天、神母天、散脂大将、難陀龍王、摩醯首羅王、婆藪仙人、摩和羅女、密迹金剛力士、那羅延堅固王、東方天、毘楼勒叉天、毘楼博叉天、毘沙門天、梵天、帝釈天、毘婆迦羅王、五部浄居天、沙羯羅王、風神、雷神、雨宝童子、不動明王、毘沙門天
【ご利益・属性】災難、苦悩、憂苦、病気を退ける。長寿、罪の消滅、現世利益、交通安全
家畜の守護、子宝、安産
【真言】拜請觀音大慈悲 善才良女排兩邊
左手捧來甘露水 右手拿來楊柳枝
頭戴五佛彌陀帽 口中念出阿彌陀
腳踏蓮花千百葉 身座蓮花團團圓
身穿竹葉百景衣 坐落蒲團一團枝
千手千眼化現身 十八尊者朝觀音
有人唸出觀音咒 火坑化作白蓮池
弟子一心專拜請 觀音佛祖降臨來
神 兵 火 急 如 律 令
聖観音 – オン・アロリキャ・ソワカ 
十一面観音 – オン・ロケイ・ジンバ・ラ・キリク・ソワカ/ オン・マカ・キャロニキャ・ソワカ
千手観音 – オン・バザラ・タラマ・キリク
如意輪観音 – オン・ハンドメイ・シンダ・マニ・ジンバ・ラ・ウン
准胝観音 – オン・シャレイ・ソレイ・ソンデイ・ソワカ
不空羂索観音 – オン・アボキャ・ビジャシャ・ウン・ハッタ / オン・ハンドマダラ・アボキャ・ジャヤデイ・ソロソロ・ソワカ
馬頭観音 – オン・アミリト・ドハンバ・ウン・ハッタ
白衣観音 – オン・シベイテイ・シベイテイ・ハンダラ・バシニ・ソワカ
楊柳観音 – オン・バザラダラマ・ベイサジャ・ラジャヤ・ソワカ
六字大明呪 – オム・マ・ニ・ペ・メ・フム
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)2月19日

                 50e8ed7eg6f00465f15ae&690

【西王母(せいおうぼ)】
東王公を夫に持つ女仙と女神を統べる聖母であり、崑崙山上に住むといわれている女神で、すべての女仙の元締めとされている。不老不死を望む漢の武帝の宮殿に降臨し、三千年に一度咲くという仙桃の実を献じたといわれている。また西王母の仙桃を食べて寿命が3000年も延びてしまい、不老不死を手にしたのは孫悟空(斉天大聖)だといわれている。
別名 瑤池金母、王母娘娘。
【神號】九靈太妙龜山金母、西池極樂金慈聖母、白玉龜台九靈太真金母元君、上聖白玉龜台九靈太真無極聖母瑤池大聖西王金母無上清靈元君統御群仙大天尊
【英語名・梵名】the Queen Mother of the West
【住処】 崑崙山
【武器・法具・経典】笏
【乗り物】
【従者・眷属】全ての女仙、兎
【ご利益・属性】健康長寿、救世
【真言】
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)3月3日

                    九天玄女➀
 【九天玄女(きゅうてんげんにょ)】
別名九天玄女大天尊などとも呼ばれており歴史的には一番始めに黄帝に風水を授けた女神で 戦勝の神でもある。
紀元前2510年~紀元前2448年頃
黄帝(軒轅)の帝位に挑んできた炎帝蚩尤(蚩尤は牛頭人身の軍神であり 様々な武器を発明したといわれている)を迎え撃った黄帝軍は蚩尤軍の繰り出す妖術によって 百里四方を覆う霧を起こされ前後不覚に陥り、三日間にわたり混乱してしまい部下の風后 が指南車を作りようやく難を逃れたが実にこれまでの戦績は黄帝軍側の九戦九敗であった。
逃げている最中に黄帝は西王母がある女神を遣わして自分に道術(堪輿(風水)、奇門(方位術)、符咒(護符)、兵法(戦術))を 授け
「太乙を前方に天一を後方配せば勝てる」という夢を見た事を思い出す。 その事を風后に相談して壇を作り、三日三晩祈りを捧げると九天玄女が現れて 靈寶五符の護符、道教符咒録、兵法、奇門、地理、陰符経、寶印、寶劍、太極圖などを授けた。 それを使って黄帝軍は遂に蚩尤軍を滅ぼすことに成功したのである。
【神號】無極元君九天玄女大天尊
【英語名・梵名】 Nine days the xuan female
【住処】商
【武器・法具・経典】七星寶剣、瓢箪、兵法書、靈符、指南針、制妖通靈之印
六甲六壬兵信之符、策使鬼神之書、制妖通靈之印、九光玉節十絕靈幡命魔之劍
【乗り物】鳳
【従者・眷属】六丁天将、六甲地兵、白猿
【ご利益・属性】地理師道士御加護、救済
【真言】 奉請九天玄女,大羅真仙,身騎白鶴,腳踏紫雲,手執空劍,收斬邪精,喝此驚水 統領天兵,九星隨度,八掛歸依尋龍,敢有作法,救濟萬民,何神不服,何鬼不驚 誦我神咒,吾奉九天玄女,急急如律令、敕。   
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)5月28日
             
                  securedownload
【軒遠黄帝(けんえんこうてい)】
漢代に司馬遷が著した『史記』によれば、少典の子、姓は公孫、名は軒轅という。牛身の怪物、蚩尤との闘いで逼迫していたとき
九天玄女から授かった道術(堪輿(風水)、奇門(方位術)、符咒(護符)、兵法(戦術))
などを用いて蚩尤を倒したという。
中国をすみずみまで統治した黄帝は丹道、醫學、兵法、地理、巫術、符咒に精通し、道徳を定めたという。西王母、東王父とともに、五老の一角にもかぞえられることがある。
初代玉皇大帝でもあり、別名黄老君とも呼ばれる。
【神號】玉皇大天尊玄玄高上帝黄老君
【英語名・梵名】 Huangdi;Yellow Emperor
【住処】 昊天金阙太微玉清宫通明殿、弥羅天、太極氣天(「三界」二十八天、無色界四天、色界十八天、欲界六天)
【武器・法具・経典】笏、寶剣、黄帝内經
【乗り物】
【従者・眷属】
【ご利益・属性】天文、暦、船、竃などを発明し道徳を定めたという。
【真言】
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)3月3日

                  道徳大天尊

【道徳天尊(どうとくてんそん)】
性を「李」、名は「耳」、字は「耼」または「伯阳」と言い紀元前571~471年頃に実在した
道教の開祖的存在で「老子道徳經」「化胡經」「妙真經」「报恩經」「清静經」「太上感应篇」
「太上老君開天經」、「北斗經」などの経典を世に残した大哲学者である老子の神格化である。 道教の最高神の三清道祖(元始天尊・道徳天尊・靈寶天尊)の一角であり大赤天宮に
住まい太上老君、道徳大天尊(萬仙主宰 玄中教主 太上道君 神師寶尊)とも呼ばれ
避凶化吉(凶を避けて吉と化すこと)の効果がある太極圖や紫金红葫芦、羊脂玉净瓶
幌金縄、七星剣、芭蕉扇、八卦炉などを持った姿で現れる。
【神號】道徳大天尊
【英語名・梵名】 Senior moral
【住処】大赤天太清境
【武器・法具・経典】太極圖、乾坤圖、金钢琢、扇拐、道徳經、妙真經、清静經、西升經、升玄經 、開天經、黄庭經、北斗經、報恩經
【乗り物】牛
【従者・眷属】
【ご利益・属性】
【真言】三聲法旨鬧紛紛,奉請拜請普洲五龍縣,王龍太上李老君,身騎青牛掛金錠,手執鐵扇界旨雲,八十正二居母后,分娩之時腋下生,甲子自中庚辰日,二月十五卯時生,李時生人李氏姓,旗號表作李老君,弟子一心奉請厝,侍奉太上道祖,厝中鎮寶座,神兵神將火急如律令

【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)2月15日

                 元始大天尊

【元始天尊(げんしてんそん)】
「無極」の象徴で三清道祖(元始天尊・道徳天尊・靈寶天尊)の一角であり
清微天宮に住まい元始大天尊(宇宙法主 混源教主 虚皇道君 萬道主宰)、元始天王とも
呼ばれ、重力を自在に操る盤古幡という寶貝を持っている。
元始天尊の弟子には玉鼎真人、廣成子、太乙真人、懽留孫、雲中子、清虚道徳真君、道行
道行天尊、黄龍真人、文殊廣法天尊、普賢真人、慈航道人などがいる。
【神號】玉清元始天尊、龍汉祖劫天尊、玉清紫虛高上元皇太上大道君
【英語名・梵名】 The start source tianzun(Holy)
【住処】大羅天玉京山玄都玉清圣境清微天宫
【武器・法具・経典】如意、払子
【乗り物】
【従者・眷属】斗姥元君、太乙救苦天尊
【ご利益・属性】
【真言】
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)1月1日

                    靈寶大天尊

【靈寶天尊(れいほうてんそん)】
天地生命の起源(「無極」から「太極」の発生)を象徴していて天地の秩序を
形成したといわれていて三清道祖(元始天尊・道徳天尊・靈寶天尊)の一角であり兎余天宮に住まい
住まい正式には靈寶大天尊(萬法主宰 通天教主 玉晨道君 經靈寶尊)とも呼ばれ
如意寶珠を持つ姿で現れる。
【神號】玉清元始天尊、龍汉祖劫天尊、玉清紫虛高上元皇太上大道君
【英語名・梵名】 Celestial of Numinous Treasure
【住処】禹餘天上清境
【武器・法具・経典】如意
【乗り物】
【従者・眷属】
【ご利益・属性】
【真言】
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)夏至日

                 5753911473919844082
【文昌帝君(ぶんしょうていくん)】
学問、科挙をつかさどる神で 
『史記』によると、北斗七星の第1星から第4星の近くにある6個の星を神格化したものだとされている。
聖誕祭は旧暦の2月3日である。
【神號】 談經演教消劫行化更生永命天尊、九天開化七曲文昌梓童帝君
【英語名・梵名】 wenchangdijun
【住処】玉真慶宮
【武器・法具・経典】如意、笏
【乗り物】
【従者・眷属】 天聋、地哑
【ご利益・属性】科挙、試験合格 、立身出世、功名成果
【真言】

拝神九天大帝(はいしんきゅうてんたいてい)、身披白衣(しんひびゃくい)
日月照耀(にちげつしょうよう)、乾坤斡隨(けんこんかんずい)
有能持誦(ゆうのうじじゅ)、聰明如斯(そうめいにょし)、黃老丹元(こうろうたんげん)
與道合宜(よどうごうぎ)、五神衛守(ごしんえいしゅ)、八聖護持(はちせいごじ)
誦之不輟(じゅしふたい)、萬神赴機(ばんしんふき)、我司大化(がしたいか)
光曜生輝(こうようしょうき)、心開茅塞(しんかいぼうそく)、袪鈍除迷(こじゅんじめい)
誦之萬遍(じゅしばんへん)、文冶瓊瑰(ぶんやけいかい)、詞源浩蕩(しげんこうとう)
筆陣風馳(ひつじんふうち)、九天開化(きゅうてんかいか)、萬章洞微(ばんしょうどうび)
元黃下令(げんこうかれい)、勿稽勿遲(ぶつけいぶつじ)
六丁六甲神兵火急如律令(ろくちょうろっこうしんへいかきゅうにょりつれい)

【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)2月3日

                    2012101818307263

【護法韋駄菩薩(ごほういだぼさつ)】
もともとはバラモン教の神で佛教に取り入れられて釈迦や如来の護法神となったとされている。仏舎利を盗んだ捷疾鬼を追いかけて取り戻したことから韋駄天は脚の速い神と
される。
【神號】 塞建陀天、違駄天
【英語名・梵名】スカンダ、カルッティーケーヤ
【住処】
【武器・法具・経典】宝剣、宝棒
【乗り物】
【従者・眷属】護法伽藍菩薩
【ご利益・属性】食い扶持、障害打破
【真言】オン・イダテイタ・モコテイタ・ソワカ
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)6月3日

                   福徳正神

【福徳正神(ふくとくせいじん)】
別名 中央鎮位真官土地大道神、土地公とも呼ばれており
土地に関する事や不動産運や財運を司る神。
中華圏では關聖帝君、五路財神と並んで
財運に靈験がある神佛として親しまれている。
【神號】中央鎮位真官土地大道神
【英語名・梵名】 God of Land
【住処】戊己宮 福徳宮
【武器・法具・経典】如意、元寶
【乗り物】
【従者・眷属】皇天聖主玉皇大天尊、三元三品三官大天尊、大成至聖孔子大天尊、太上老君掌教大天尊、孚佑帝君妙道天尊、南宮太乙醒世天尊、感應大帝翊漢天尊、天上聖母天后天尊、九天司命護宅天尊、北極玄天上帝天尊、神農五穀大帝天尊、保生大帝真人天尊、法主聖君勝王天尊、開漳聖王救世天尊、廣澤尊王護世天尊、中壇元帥威力天尊、風伯雨師聖将天尊、城隍老祖諸徳天尊、玄玄聖祖無極大天尊、東華木公上帝大天尊、瑤池王母圓光大天尊、虚空地母無量大天尊、先天聖主元始大天尊、無量度人靈寶天尊、大悲観音佛祖天尊、伏羲八卦老祖天尊、大乗五斗星君天尊、文昌梓潼帝君天尊、八仙老祖尊翁天尊、七大仙姑元君天尊、先天豁落靈官天尊、太陽太陰照世天尊、九天玄女祖師天尊、精忠武穆岳帝天尊、四元帥五營将天尊、門丞戸尉把門天尊、列位護法聖将天尊、招財童子、進寶童郎、虎爺公(黒虎大将軍)
【ご利益・属性】不動産運、招財進寶、生意興隆
【真言】謹請諸向土地神至靈。昊天達地出遊行。鎮守風雲為四正。厚會捉邪人物明。豬犬牛羊生安寧。招財進寶有義慶。長命富貴福壽明。萬事祈求皆有應。千災萬厄應不生。弟子爐前清香三拜請。拜請諸向土地公公速降爐前。神兵神將火急如律令
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)2月2日

                   10496537515490081801

【趙公明(ちょうこうめい)】
別名玄壇真君、五路財神とも呼ばれており元々は疫病を鎮める護法神だったのだが
封神演義で姜子牙に「金龍如意正一龍虎玄壇真君」に封ぜられた。
五路とは東西南北中央の五方位の財運を表す。
招寶天尊蕭升、納珍天尊曹寶、招財使者陳九公、利市仙官姚少司の神を
従えて五路財神と呼ぶ。
生意興隆(商売繁盛の意)、招財進寶(財運を高める)などの靈験があるといわれている。
【神號】金輪如意趙大元帥萬類克成天尊、金龍如意正一龍虎玄壇真君
【英語名・梵名】 Zhao Gongming
【住処】神霄玉府
【武器・法具・経典】七星剣、鋼鞭、元寶
【乗り物】虎
【従者・眷属】招寶天尊、纳珍天尊、招財使者、利市仙官、東路財神青金使者、南路財神赤金使者、中路財神黄金使者、西路財神白金使者、北路財神烏金使者
【ご利益・属性】招財進寶、生意興隆
【真言】天清清,地靈靈,拜請五方財公.女財神,召請五路財神財王聽吾令,助吾(事業行銷,業務.股票.求財利.及工作)展威靈。生意興旺,財源茂盛,靈眼透視,顧客需要,未言先知,個個滿意,往來貿易,接洽晤談,隨心所欲,口若懸河,辯才無礙,贏服對方,滿心歡喜,立刻成交,圓滿順利,吾奉敕令,五方財公.女財神,五方五路財神王,五方五路運財來,速速運財來,時刻不停,招財進寶,財庫滿盈,大發利市,急急如律令 敕
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)3月15日

                   201010217385530
【后土皇地祗(こうどこうちき)】
別名 地母元君、地母娘娘とも呼ばれており、天に対して地(大地)を神格化した女神。
玉皇大帝が”天”の象徴であるのに対し、こちらは”地”を象徴する。
陰宅風水造作や地鎮祭の際に勧請する。
【神號】萬靈之主後土皇帝袛瓊闕下
【英語名・梵名】 Celestil Goddess for the Balance of the Earth
【住処】九華玉闕
【武器・法具・経典】笏
【乗り物】
【従者・眷属】
【ご利益・属性】地鎮、動土守護
【真言】
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)11月18日

                  SONY DSC

【斗母元君(とぼげんくん)】
別名斗母洪恩天后円明道姥天尊とも呼ばれており、もともとはインド神話の神マリーチーが由来だといわれている。
紫微大帝、天皇大帝、北斗七元君の母であり
古くは一群の風神マルトの主といい、また創造主プラジャーパティの一人であり陽炎、日の光を意味することばである。
その昔、帝釈天が阿修羅と戦ったとき、日月斗星辰を守ったという。
自らは陰形、つまり姿を見せないが、この神を念ずると、他人はその人を「見ず」「知らず」「欺くことはなく」「縛することもなく」「罰することがない」という。
その姿は八臂の異形であり、衆生に難が起こったときは西天摩利支天大聖に変じて 戦うといわれあらゆる災難を排除し利益を与える存在である。
北斗七星の母とされ周御王の妃の紫光夫人であり、天皇大帝、紫微大帝を生み 貪狼、巨門、禄存、文曲、廉貞、武曲、破軍の七星を生んだとされる。 何人たりとも、実体の無い陽炎の神格化である斗母元君には危害を加えることができないため戦においては無敗の神として奉られた。
太歳六十甲子本命神を従え、治病消退(病魔を退ける)、消災改厄(あらゆる災禍を祓う) 、子宝を授けるなどに靈験があるといわれている。
【神號】摩利支天斗姥元君
【英語名】The Goddess of Big Dippers
【住処】九天雷霆中宫、雷霆洞渊宫、大梵天宮 
【武器・法具・経典】鐘、弓、箭、戟、数珠
【乗り物】
【従者・眷属】天猶元帥、天蓬元帥、右弼穩光星君、左輔洞明星君、太歲六十甲子本命神
【ご利益・属性】運氣好転、長寿
【真言】
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)9月9日

                  T123

【太歳星君(たいさいせいくん)】
別名 殷郊,殷商太子、太歳統領殷元帥とも呼ばれており
十干と十二支つまり六十の太歳星君を従えた毎年めぐる方位神でもあり人々の吉凶禍福を
司る。
三面六臂の姿で髑髏を首から下げた援けたため、玉帝によって太歳神の位に封じられた。
られた殷の紂王の長男だといわれており後の周の文王が紂王を討つのを
援けたため、玉皇大帝によって太歳神の位に封じられた。
聖誕祭は旧暦の7月19日である。
【神號】太歳六十甲子本命神、六十元辰 
【英語名】Protectors for Each Year in Sixty-year Calendaral Cycles
【住処】太歳
【武器・法具・経典】
【乗り物】
【従者・眷属】
【ご利益・属性】吉凶禍福
【真言】

【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)7月19日

                 1386824661-341799519_n
【地蔵王菩薩(じぞうおうぼさつ)】
サンクリット語ではクシティ・ガルバといい「大地」「胎内」「子宮」の意味を意訳して「地蔵」としている。
人々の苦悩を無限の慈悲で包み込み。救済するとされている。
【神號】南無大慈地蔵王菩薩、幽冥教主
【英語名・梵名】クシティ・ガルバ(क्षितिघर्भ Kṣiti-garbha)
【住処】伽羅陀山
【武器・法具・経典】宝珠、錫杖
【乗り物】
【従者・眷属】地獄六使者(焰摩使者、化地獄。持寶童子、化餓鬼。
大力使者、化畜生。大慈天女、化修羅。寶藏天女、化人。攝天使者、化天。)
【ご利益・属性】
六道(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道)を
輪廻する衆生を救う。
二十八種利益
天龍護念、善果日増、集聖上因、菩提不退、衣食豊足、疾疫不臨
離水火災、無盗賊厄、人見欽敬、神鬼助持、女転男身、為王臣女
端正相好、多生天上、或為帝王、宿智命通、有求皆従、眷属歓楽
諸横消滅、業道永除、去処盡通、夜夢安楽、先亡離苦、宿福受生
諸聖讃歎、聰明利根、饒慈愍心、畢竟成佛
【真言】オン・カカカ・ビサンマエイ・ソワカ、唵、缽囉末鄰陀寧、娑婆訶
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)7月30日

         

【四面佛祖(よんめんぶっそ)】
別名、大梵天王とも呼び、古代インド神話のの三大主神のひとつとされる。
もともとは全宇宙の創造神であるブラフマ―がルーツで天部中の上位につき
四面四臂は慈悲、仁愛、博愛、公正などをつかさどる。
第一面は求功名(官位、學業、事業、課業、試験、官司)
第二面は求姻緣(結婚運、恋愛運、感情、対人運)
第三面は求財富(財運、橫財、商売運)
第四面は求健康(治病、平安、健康長壽、家内平穏)などを象徴する。
【神號】大梵天王、四面佛祖、普庵祖師、Brahma
【英語名・梵名】Maha^brahma^ -deva・ब्रह्मा
【住処】初禅天
【武器・法具・経典】王冠、黄金、蓮華、吠陀經
令旗即ち万能的法力
佛經即ち智慧
法螺即ち賜福
明輪即ち消災、降魔、煩悩を祓う
權杖即ち成就
甘露瓶即ち渇きを癒す
念珠即ち輪廻
胡須即ち守護をつかさどる。
ブラフマーストラ
【乗り物】象、水鳥、孔雀
【従者・眷属】帝釈天、二万の天子、虎爺公(黒虎大将軍)
【ご利益・属性】創造神、万能的法力、智慧、賜福、成就、消災、降魔
【真言】オン ハラジャ ハタエイ ソワカ
ナウマク・サマンダ・ボダナン・ボラカンマネイ・ソワカ
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)11月9日

             DEBO32-A75965990000_5189cb7f3990b
【薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)】

【神號】大医王佛
【英語名・梵名】 Bhaiṣajya-guru-vaidūrya-prabha-rāja,भैषज्यगुरु,
【住処】浄瑠璃浄土
【武器・法具・経典】薬壺、巻物
【乗り物】
【従者・眷属】
日光菩薩、月光菩薩
八大菩薩 
文殊宝利菩薩、観世音菩薩、大勢至菩薩、無盡意菩薩、寶壇華菩薩、薬王菩薩、薬上菩薩、弥勒菩薩
十二神将
宮毘羅大将、伐折羅大将、迷企羅大将、安底羅大将、頞儞羅大将、
珊底羅、因達羅、波夷羅、摩虎羅、真達羅、招杜羅、毘羯羅
【ご利益・属性】健康長寿、病気平癒、安産
十二誓願(光明普照、随意成弁、施無尽佛、安心大乗、具戒清浄、諸根具足、除病安楽、転女得佛、安心正見、苦悩解脱、飲食安楽、美衣満足)
【真言】解結解結解冤結。解了多生冤和業。洗心滌慮發虔誠今對佛前求解結。薬師佛。薬師佛。消災延壽薬師佛。隨心満願薬師佛。
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)9月30日

                                                4793800328359688505
【保生大帝(ほせいたいてい)】
術の神。宋の時代の名医、呉本という人物で、あらゆる病気を治すといわれていた。
学問を修めたのち、崑崙山に昇り、西王母のもとに七日間とどまり、凶神悪煞の仙法と死者をも蘇らす御符も授かり、符咒術によって白骨化した遺体を元の人間に蘇生させる秘術を伝授された。
あるとき時の皇帝から皇后の診察に呼ばれたが、皇帝は呉本を試す為に柱に糸を巻きつけ「隣室から糸越しに皇后を診断しろ」と無理難題をつきつけたが、呉本は糸の先に柱を見破り、さらに皇后の症状にあった仙薬を調合した。
するとたちまち皇后は全快し、皇帝は彼に保生大帝の称号を授けたという。
歴代王朝からの贈られた神號
宋朝
1171年(宋孝宗乾道七年)賜──大道真人
1195年(宋寧宗慶元二年)封──忠顯侯
1208年(宋寧宗嘉定元年)封──應惠侯
1227年(宋理宗寶慶三年)封──康祐侯
1235年(宋理宗端平二年)封──靈護侯
1239年(宋理宗嘉熙三年)封──正祐公
1240年(宋理宗嘉熙四年)改封─沖應真人
1245年(宋理宗淳祐五年)封──孚惠真君
1275年(宋恭帝德祐元年)封──孚惠妙道普佑真君
明朝
1372年(明太祖洪武五年)封──昊天御史醫靈真君
1425年(明仁宗洪熙五年)封──恩主昊天金闕御史慈濟醫靈妙道真君萬壽無極保生大帝
【神號】 恩主昊天金闕御史慈濟醫靈妙道真君萬壽無極保生大帝
【英語名・梵名】Wu Tao
【住処】
【武器・法具・経典】笏
【乗り物】
【従者・眷属】 虎爺公(黒虎大将軍)
【ご利益・属性】病気平癒、治病消退、健康長寿
【真言】拜請醫人吳真君 行弓步斗斬妖魂
五天無極為醫王 宣入朝內救皇妃
一杯符水斷妖根 觀音菩薩永化身
招應祖師同吾行 六丁六甲左右隨
四海眾生受大惠 消災解惡不須宜
非命一心恭敬請 慈濟真君顯真身
弟子一心專拜請 保生大帝降臨來
神兵火急如律令 
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)3月15日

                                                                 T1GvxhXXAO.0M1EfZZ_032316

【普化天尊(ふかてんそん)】
すべての雷神を従える最高神であり、生あるもの祖で万霊の師とされ、人々の生死から世界の盛衰までをも掌握する。三清(元始天尊、霊寶天尊、道徳天尊)以外のすべての神々は、この神の承認なしに政令を執行することは許されず、悪行をなす者には問答無用で落雷によって容赦なく懲らしめ、善人は慈悲の心で御加護を受けられるといわれている。また人間の苦悩を救ってくれる神でもあり、地獄に落ちた人間を救う権限を持っている。三清境のひとつ玉清境にある雷城に住まい
雷霆都府、五雷院、驅邪院、萬神雷司、雷霆都司、雷霆部司を総管しており五雷即ち天雷、地雷、水雷、龍雷、社令雷。
十雷即ち一曰玉枢雷、二曰神霄雷、三曰大洞雷、四曰仙都雷、五日北极雷、六曰太乙雷、七曰紫府雷、八曰玉晨雷、 九曰太霄雷、十曰太极雷。
三十六雷
天雷十二神 (神霄雷公、五方雷公、行风雷公、行雨雷公、行云雷公、布泽雷公、行冰雷公、行霄雷公、飞砂雷公、食粜雷公、伏魔雷公、吞鬼雷公)
地雷十二神 (纠善雷公、罚恶雷公、社令雷公、发稻雷公、四序雷公、却灾雷公、收毒雷公、扶危雷公、救病雷公、太升雷公、巡天雷公、察地雷公)
人雷十二神 (收瘟雷公、摄毒雷公、却祸雷公、除祸雷公、破祸雷公、破庙雷公、封山雷公、伏虎雷公、打虎雷公、灭尸雷公、破障雷公、管魄雷公、荡怪雷公)
を掌握している。
現在の雷帝は「封神演義」の中の殷(いん)の将軍の聞仲(ぶんちゅう)が雷帝に封ぜられている。
雨を司る神でもあり
「九・天・應・元・雷・聲・普・化・天・尊」この十文字自体に神力を宿しており
この文字を一たび唱えればあらゆる災厄を避けることができるといわれている。
【神號】 雷祖、玉清真王、九天貞明大聖、九天應元雷聲普化天尊
【英語名・梵名】The Supreme Thunder God
【住処】神霄玉清府
【武器・法具・経典】 金光如意、九節鞭
【乗り物】 麒麟、九鳳、象
【従者・眷属】 九天雷公将軍、八方云雷将軍、五方蛮雷使者、雷部总兵、虎爺公(黒虎大将軍)
【ご利益・属性】調伏、粛清、怨敵退散、善悪賞罰、雨乞い
【真言】九天應元雷聲普化天尊
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)の8月5日

                                                     聖母殿虎爺

【虎爺(とらじい)】
四面佛祖、張天師(張道陵)、趙公明(五路財神)、福徳正神(土地公)、保生大帝、城隍などの眷属を務める台湾の土着神的神獣ある。
【神號】 黒虎大将軍
【英語名・梵名】Huye
【住処】
【武器・法具・経典】
【乗り物】
【従者・眷属】
【ご利益・属性】驅邪魔鬼、護法、能招銭財、児童保護
【真言】拜請烈洲黑虎山黑虎將 金輪元帥大將軍
上山黑 黑山上 上山驅猛虎 落水斬蛟龍
天上步七星 地下應吾靈
日月同天照 鬼神見吾驚
吾奉祖師法 吾用祖師兵
吾奉天師行正法 救渡世間諸眾生
弟子一心專拜請 黑虎大將降臨來

神 兵 火 急 如 律 令

【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)6月6日

                                        7a

【馬使爺(うまつかいじい)】
關聖帝君、城隍、開漳聖王(鄭成功)の眷属の四大部將(陳元帥)のひとつに数えられる。
【神號】 輔順将軍
【英語名・梵名】Maye
【住処】
【武器・法具・経典】
【乗り物】
【従者・眷属】
【ご利益・属性】
【真言】
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)9月23日

                         月下老人愛情魔法幸運符_blog_03
【月下老人(げっかろうじん)】
縁結びの神。布袋を下げた白髪白髭の老人で「運命の赤い糸」が
入っている袋と結婚相手の名が記された婚縁簿をもっており、
そこには将来の結婚相手の名が記されており
人々の和合させる神である。
【神號】月老神君 
【英語名・梵名】yuè xià lǎo rén・the old man under the moon
【住処】
【武器・法具・経典】左手に姻緣簿、右手に拐杖を持つ
【乗り物】
【従者・眷属】
【ご利益・属性】婚姻和合、恋愛成就
【真言】
【聖誕日・縁日】農暦(旧暦)8月15日

【天細女命(アメノウズメノミコト)】
「天岩戸伝説」で天照が怒って天岩戸(あめのいわと)に籠ってしまい地上には光が差し込まなくなりこの世が滅亡することを恐れた八百万の神々が
話し合い、天岩戸の前で賑やかで楽しいことをし、天照の気を
引こうという試みで天鈿女命が裸で面白可笑しく舞いを舞う姿に
天照がちょっと天岩戸を開けたところを
天手力雄命(あまのたぢからおのみこと)が
一気に岩戸を開け、無事に光を取り戻した際の踊りで天照を岩戸から誘い出した女神。
【神號】 天鈿売命、天細女命、天宇受売命
【英語名・梵名】
【住処】
【武器・法具・経典】
【乗り物】
【従者・眷属】
【ご利益・属性】祭司、芸能、舞踏の女神、縁結び、夫婦和合
【真言】
【聖誕日・縁日】

                            Mahamayuri_Sander_Class_v4-2
【孔雀明王(クジャクミョウオウ)】
本来は佛母としての属性から明王にあって女性的だとされてきた。
古代インドで毒蛇、毒虫を食したことから
孔雀明王は「人々の災厄、災禍、苦痛を取り除く功徳」があるとされ信仰されてきた。
2015年の台湾日月譚文武廟の尋龍點穴の際に御力を下さいました。

【神號】 孔雀仏母、孔雀王母菩薩、金色孔雀王
【英語名・梵名】マハーマーユーリー(महामायूरी Mahāmāyūrī)
【住処】
【武器・法具・経典】 金剛鈴、法輪、孔雀尾、吉祥果、蓮華、倶縁果
【乗り物】 孔雀
【従者・眷属】
【ご利益・属性】息災、祈雨、延命、消災
【真言】オン マユラ キランディ ソワカ
【聖誕日・縁日】

                                    
【馬頭観音菩薩(バトウカンノンボサツ)】
もともとはインド神話のヴィシュヌが由来だとされており
後に佛教、密教に習合されたといわれている。
佛教における観音菩薩の変化身のひとつであり、密教では憤怒の形相の
馬頭明王とも呼び、人々の煩悩を食い尽くし、交通などの移動を伴うもの全般
六畜を守護するといわれている。
2014年の木花咲耶姫と”富士山噴火を阻止する掛け合い”の後に
北海道にて尋龍點穴を執り行い際に御力をお貸しくださいました。
【神號】 馬頭観音菩薩、馬頭観世音菩薩、馬頭明王、大持力明王
【英語名・梵名】ハヤグリーヴァ (हयग्रीव [hayagriiva])
(音写:何耶掲梨婆、賀野紇哩縛)
【住処】
【武器・法具・経典】 金剛棒、法輪、水瓶、三鈷剣、斧、宝珠
【乗り物】
【従者・眷属】紅面獄主
【ご利益・属性】維持、慈悲、治病消退、六畜守護、交通安全
【真言】オン アミリト ドハンバ ウンハッタ ソワカ
【聖誕日・縁日】毎月19日

【國常立尊(クニトコタチノミコト)】
諸説あるのだが、それらの論争は現実的には全く生産性もなく、愚か者の自我主張にしか過ぎず実践の場では
毒にも薬にもならない為ここではそれをすることはない。
天地開闢の後に造化三神(アメノミナカヌシ、タカミムスビ、カミムスビ)が生まれて
次に別天神(ウマシアシカビヒコヂ、アメノトコタチ)が生まれて
その次の神代七代(クノトコタチ、トヨクモノ・・・)の最初に現れた神だとされている。
2014年の木花咲耶姫との”富士山噴火を阻止した掛け合い”からの縁で
復活させるのに我々は三肌くらい脱ぎました。
それ以来、ある高名な靈能がズバ抜けた
風水師の先生、伝手に私に名指しで自動書記(お筆先)が降りるようになった。
詳しくは『自動書記(お筆先)』と『風水鑑定』をご覧ください。
【神號】 国之常立神、国底立尊
【英語名・梵名】
【住処】地球、火山
【武器・法具・経典】
【乗り物】
【従者・眷属】
【ご利益・属性】あらゆる粛清の炎の力、大地の力、噴火の力、破壊と再生
【真言】
【聖誕日・縁日】

【木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)】
伝説によると富士山噴火の際にその身を投じて噴火を阻止したといわれ、もともとは水の神であったのだが、噴火を阻止したのち
火の属性も宿るようになったと思われる。
2014年の5月頃、風水鑑定で静岡に訪れた際に
私達の前に現れて「富士、浅間、阿蘇は我の弟にあたるものである!直ちにそちら(人間)らの自然を破壊する行為を止めねばそれらが烈火の如く火を噴くであろう!」と激高されて”富士山の噴火を阻止する掛け合い”をしたのを思い出す。結果その場で”富士山噴火のシナリオ”は先送りになったのだが、なくなった訳ではないし
三次元とは下の下に相当するため噴火を止める価値も全くないことを思い知ったから、これから私が介入することはない。
【神號】 木花之佐久夜毘売命
【英語名・梵名】
【住処】浅間神社、浜岡の海、富士山
【武器・法具・経典】
【乗り物】
【従者・眷属】
【ご利益・属性】火の神、水の神、山の神
五穀豊穣、火難除け
【真言】
【聖誕日・縁日】

【不動明王(ふどうみょうおう)】
【神號】不動明王、無動明王、無動尊、不動尊
大日如来の化身といわれており、もともとはインド神話のシヴァ神がルーツだとされている。
【英語名・梵名】アチャラ・ナータ(अचलनाथ acala naatha)
【住処】色究境天
【武器・法具・経典】倶利伽羅剣、三鈷剣、羂索
【乗り物】
【従者・眷属】八大童子(矜羯羅童子、制多迦童子、恵喜童子、阿耨達童子、指徳童子、恵光童子、清浄比丘童子、烏倶婆伽童子)、三十六童子、四十八使者
【ご利益・属性】怨敵調伏、立身出世、病気平癒、慈愛、酉年生まれの守護本尊
【真言】ノウマク サンマンダ バザラダン カン
【聖誕日・縁日】毎月28日

 

 


風水鑑定 鮑義忠と神仙界