道教とは

道教とは
中国三大宗教(道教・儒教・佛教)のひとつで中国古来より伝わる漢民族の伝統的な民間宗教とされる。
歴史的には紀元前約2510年~2448年頃の中国神話上の
軒遠黄帝が蚩尤と戦争を した際に
全く歯が立たない黄帝の夢枕に
九天玄女大天尊が現れ
道術(符咒術、神佛召喚祈願、堪輿(風水)、内丹術兵法、奇門(奇門遁甲)など)を
授けて黄帝は蚩尤を遂に破ったのが始まりだとされる。

 九天玄女➀           securedownload
    九天玄女像                      軒遠黄帝像                   
                    

そして蚩尤を破った黄帝は死後、神となり初代玉皇大帝となった。
黄帝が残した有名な書に『黄帝内經』がある。
他にも【道家】、【神僊】、【天文】、【五行】、【雑占】、【医經】、【經方】、【房中】などの様々な
分野に書を残している。
道教の修行を経た者を法師、あるいは道士と呼ぶ。
道士は陰陽宅風水を看て風水造作や供養をし
先祖供養を行うことで子孫が繁栄するといわれている。
時には道教符咒術(御神符)を書き、山川などに祈祷して
神靈、死靈などと交渉をしたりすることもある。

 

.


風水鑑定 鮑義忠と神仙界